お勧めのNFTマーケットプレイス⑥:Makersplace

https://makersplace.com/

Makersplace

審査制マーケットプレイスとして名高い「Makersplace」は、ハイレベルなアーティスト達と肩を並べて出品したい方にお勧め。Foundationと同じくアート作品の取引を主とした、アートのためのマーケットと言えるでしょう。

審査制マーケットであるため限られた数のアーティストのみが登録をできるMakersplace。ライバルとなるアーティストや作品数が少なく、また良質なNFT作品が多く集まるため購入意欲の高いコレクターが多いという特徴があります。それにより、他のマーケットプレイスと比較して作品が売れやすい&高値で取引されやすいマーケットプレイスとしての地位を確立してきました。

ファイルサイズは無制限で、画像(JPG、PNG、GIF、SVG)動画(MP4、MOV)や音声に加えて、3Dオブジェクト(GLB、GLTF)等のあらゆる全てのファイル形式の出品に対応していることも、Makersplaceならではの特徴です(ただし、形式によってはプレビューに不具合が生じる可能性があります。特殊なファイル形式で出品をされる場合、予めご相談下さい)。

また、Makersplace独自の24時間制オークションシステムも特徴的。最初の入札が入ってから24時間だけオークション入札が有効になる仕様により、「売れないままオークションが終了する」といった心配はご無用!入札が入るまでずっと出品し続けることができます。

その他にも、NFTの出品ページに対してライク(いいねボタン)やコメントを投稿することができる機能が備わっていることから、エンゲージメント解析をしたいユーザーにも好評です。

当サービスでは、審査申請のサポートを行っておりますので、自分自身での申請手続きに自信がない方はお気軽にご相談下さい!

こんな方にお勧め:多少お金が掛かっててでも最もチャンスの高いマーケットプレイスでNFTを出品したい方/ブランドイメージを大切にしたい方/大サイズの作品、変わった形式の作品を出品したい方

こんな方には向かないかも:低コストで作品を出品したい方/作品製作歴が短く審査用のアピールが難しい方

※本インフォメーションは、CryptolessNFTの独自リサーチによってまとめた内容となります。情報が最新でない可能性があること、ご了承いただけますと幸いです。また、記事中で使用されている「売れる可能性」「売れやすさ」等の指標はあくまで市場の傾向を基にしたイメージであり、実際の作品の売行きは作品の内容、広報活動の有無、既存ファンの多寡、偶然性、等多くの要因によって左右され、定量的に示すことはできません。恐縮ですが、一つの参考情報としてご理解いただくよう宣しくお願い致します。

お問い合わせ

お見積のご依頼やサービスについてのお問い合わせは、下記フォームよりお送りください。

※Hotmail、Outlookメールを使用されている方は、必ずこちらをご確認ください。