お勧めのNFTマーケットプレイス①:Opensea

Opensea

世界で最も使用ユーザー数が多いマーケットプレイスであるOpensea。日本国内のみならず、世界中のコレクターがユーザー登録をしており、宣伝次第では沢山の購入者の目に留まることも。その分、ライバルとなるアーティストや作品の数も多く、自分の作品が埋もれてしまう可能性がある点に要注意。

マーケット標準(Storefront Contract)のNFTミンティング機能として、最大100MBまでの画像(JPG、PNG、GIF、SVG)動画(MP4、WEBM)3Dオブジェクト(GLB、GLTF)に加えて、音声ファイル(MP3、WAV、OGG)等幅広いファイル形式に対応していることも、Openseaならではの特徴と言えます。

こんな方にお勧め:知名度の高いマーケットプレイスで挑戦したい方/より広い世界マーケットで戦いたい方/Twitter プロフィールへの展開を視野に入れている方/Generative NFT等応用的なプロジェクト展開を考えている方

こんな方には向かないかも:売れやすさを重視したい方/特殊なファイル形式の作品を出品したい方/SNSを活用した発信・宣伝に自信のない方

イーサリアムブロックチェーントークン

Storefront ERC-1155トークン

独自のストアフロントコントラクトによって発行されるERC-1155トークン(通称:共有コントラクトトークン)と、その発行方式「Lazy Minting」はOpenseaならではの魅力的な規格です。この「Lazy Minting」と呼ばれるミンティング方式は、NFT作成に掛かるガス代を従来方式より抑え、NFT作成に対するハードルを下げてNFTの大衆化に寄与してきたと言っても過言ではありません。

ERC-1155トークンはイーサリアムブロックチェーントークンの一種であり、Twitter NFTプロフィールにも対応しています(ただし一部旧スマートフォンではERC-1155トークンは正しく読み込まれない場合があります)。

※当サービスのOpensea出品プランでは、基本的にこちらのストアフロントコントラクトによるERC-1155トークン規格を使用して出品サービスを提供いたします。別規格のトークンや、別ブロックチェーン、カスタムコントラクトでの出品をご希望の方は予めご希望をお伝えいただくようよろしくお願いいたします。

※厳密には、Storefrontコントラクトを使用せずERC-1155トークンを発行する方法もございます。ご希望の方はお問い合わせいただきますようよろしくお願いいたします。

カスタムコントラクトERC-721トークン

また、Openseaは非常に拡張性が高いマーケットプレイスとしても知られ、外部で作成(ミント)したNFTをOpensea上で販売することも可能です。上記ストアフロントトークンよりもよりブランドバリューやトークンの固有性・独自性を高く保つことができるとされる、カスタムコントラクト(通称:独自コントラクト)方式のERC-721トークンの出品をすることもでき、またプログラムによって生成したGenerative NFT(自動生成NFT)や、リビール機能(ある時期になるまで中身がわからないよう「ガチャ」要素を与える機能)を持ったNFTなど、応用的な作品の出品も可能です。

ポリゴンブロックチェーントークン

Openseaでは、ガス代(手数料)が高額な従来のイーサリアムブロックチェーンに対し、ポリゴンブロックチェーンという新しい方式・規格でNFTを作成することも選べるため、出品費用を最小化しお手軽にNFTをデビューすることができます!

ポリゴンブロックチェーンの使用人口はイーサリアムと比較するとまだまだ少ないものの、現在非常に注目されているブロックチェーンであることには間違いなく、今後は使用人口が増えていくことが期待されています。

※現時点ではポリゴンブロックチェーンNFTはTwitter NFTプロフィールには対応していません。

※当サービスはNFT初心者を対象にサービス提供をしており、Openseaマーケット標準のNFTミンティング機能を使用する場合、後からメタデータ修正が効かなくなる「ピン留め」は行っておりません。「ピン留め」をご希望の場合は予めお聞かせいただけますようお願いいたします。

※本インフォメーションは、CryptolessNFTの独自リサーチによってまとめた内容となります。情報が最新でない可能性があること、ご了承いただけますと幸いです。また、記事中で使用されている「売れる可能性」「売れやすさ」等の指標はあくまで市場の傾向を基にしたイメージであり、実際の作品の売行きは作品の内容、広報活動の有無、既存ファンの多寡、偶然性、等多くの要因によって左右され、定量的に示すことはできません。恐縮ですが、一つの参考情報としてご理解いただくよう宣しくお願い致します。

お問い合わせ

お見積のご依頼やサービスについてのお問い合わせは、下記フォームよりお送りください。

※Hotmail、Outlookメールを使用されている方は、必ずこちらをご確認ください。